薬剤師の労働環境

拡大する薬剤師の仕事の多様化

薬剤師の労働環境薬剤師とは、調剤、医療品の供給、その他薬事衛生を司る医療従事者のことを指します。指定の学校で指定科目を勉強したのち、国家試験に合格することで厚生労働省に登録されて資格が得られます。

その仕事内容や仕事ができる場所は年々多様化しており、薬剤師といえば薬局や病院の調剤室で薬を出してくれるという印象が強いですが、薬剤師が活躍できる場所としては調剤専門薬局、漢方薬局、病院および診療所、医薬品製造販売業および製造業、医薬品販売業、学校薬剤師など多岐にわたります。

調剤室で患者さん向けに薬を調合する他、医療品や医薬品メーカーで知識を生かして企画や営業をこなしたり、研究や開発に専門家として参加することもできるのです。

さらには薬剤師としての資格は必要とはされていないが、薬剤師としての専門知識と技術を生かせる仕事としては麻薬取締官や約学部教員、保健所職員、厚生労働省医系審議官などがあげられ、医療品適正使用に関する専門知識をもつ職業として重要視されている現状があります。

地域の薬局や病院などにおける薬剤師はパート雇用や派遣雇用のスタッフも多く、メーカーや製造業者などは社員として採用される場合が多いのも特徴であるといえるので、個々のライフスタイルによって職場を選び、経験を積むことで様々な職場での活躍も可能といえます。

薬剤師の仕事環境と薬の適正使用

薬剤師の仕事環境と薬の適正使用について、薬剤師の職場のほとんどは処方する現場です。それが病院などの内部で処方する院内処方であれ、病院などの外で処方する院外処方であれ、薬剤師のやるべき仕事のほとんどは医師の指示に従って薬の処方をすることです。

薬は適正な量を適正に服用することが求められます。たとえば風邪薬などの場合にはもう治ったかなと思えばやめてしまう人がいます。確かに医師の指示でもう服用をやめてもよいと言われたのであればやめても問題はないのでしょう。

しかしながら、適正に服用を続けなければならないような薬については、医師の指示のもとでしっかりと服用を続けていく必要があります。服用を自己判断でやめてしまったがために、かえって病状が悪化したりする恐れもあります。そういったことが起きないように処方して薬を渡す際の薬剤師の仕事は非常に重要であると言えます。

また、今までの薬の服用でお薬手帳などを持っている場合には、副作用や薬を飲むことでより効果が重複されてしまうような場合もあります。そういったことを避けるためにも、主治医と薬剤師にはお薬手帳を見せて、他で処方された薬との重複で飲むのが大丈夫なのかどうかもしっかりと説明を聞く必要があります。

薬剤師の仕事を探すなら労働条件を交渉してみる

薬剤師の仕事を探す際には、勤務時間などの労働条件を交渉してみる方法もあります。ただ東京都心などで薬剤師が比較的余っていると言われている地域では、他にもなり手がいると言われているので、交渉そのものが難しい場合もあり得ます。
逆に地方では薬剤師としての資格を持つ人の仕事先には困らない状態の地域も多いので、勤務条件や給料面での交渉ができる場合もかなり多くあります。

どういったところでの勤務を望むのかにもよりますが、勤務先としては医療機関内での院内薬局を始めとして、処方箋を受け付ける調剤薬局やドラッグストア内での調剤薬局も増加しています。

特にこのドラッグストアにおける調剤薬局の数が増加しているので、こういったところでは紹介をしてくれた人に紹介料を支払う制度があるぐらい、薬剤師資格を持つ人がいないという現状ですから、東京都心などでの勤務にこだわりがなければ、地方などでの就労先を探すのも一つの方法であると言えます。

こうしたところでは足元を見るわけではありませんが、勤務条件も好条件でまとまることが多くあるので、採用試験などの際にじっくりと希望の条件などについて担当者と話をしてみることも重要であると言えます。