薬剤師の給与

薬剤師の仕事とは?給与は?年収は?

薬剤師の給料最近では、景気も随分と回復してきました。そのためか、求人数も増えて、インターネットの求人サイトや職業安定所でもたくさんの求人があるようです。特に現代は高齢化のためか、介護職や医療職の求人数が増えています。

中でも薬剤師は売り手市場であり、豊富な求人数があります。これは2006年から薬科大学が六年制になったことも関係しています。それまでは四年制だったのが、六年制になったことにより、私立大学の学費の負担が増えて、卒業までに二千万ほどかかる可能性もあるからです。

そういった理由で、薬剤師になる人も少なくなり、求人がますます増えているのです。薬剤師の仕事は、薬局や病院などで患者に薬の説明を行ったり、薬の調剤を行ったりすることをメインにしています。仕事は間違いは許されないものですが、給与はとても良く、新卒でも年収は400万から500万ほどのケースもあります。

その他にも、近頃では社会人になってから、学費を貯めて薬科大学を目指す人も増えており、学生の年齢も上がっているようです。また、病院や薬局以外にも製薬会社に勤務することも可能ですし、派遣やパートなどで単発の仕事をすることも出来ます。
働き方を選べるので、女性には嬉しい仕事だとも言えますね。あなたが興味があるなら、薬剤師の資格を目指してみてはいかがですか。

薬剤師の仕事:給与編

薬剤師は女性が働き続けることができる人気の仕事です。結婚をしたり、出産をしたりして、一度仕事を辞めたとしても、その資格を持っているために再び就職しやすい仕事なのです。また、知的であり、専門的な説明をしたりして、体の負担も少ないです。

薬剤師の資格をとるために大学の薬学部で学び、卒業頃に国家試験を受けます。合格できれば、晴れて薬剤師の仕事をすることができます。

給与、待遇は、その職場によっても異なります。大学を卒業して、勤めて経験を積めば年収500~600万円台でしょう。それが物足りない場合では、管理薬剤師といって管理するような立場になると、年収でさらに100万円くらいの上乗せがあります。

現在、薬剤師は、売り手市場ですので、転職をする人も結構います。特に男性の場合では、家計が関わってくるので、さらに給与アップすることを望む傾向にあります。