医師から処方された薬について

日本人は昔から、薬好きでした。富山の薬売りが家庭を回り、薬を売り歩いていた事や、それに需要があった事からもわかると思います。そして現在において何らかの薬を飲んでいる人は多いです。

それは医師から処方されたものや、薬局やドラックストアなどで薬剤師に勧められた物などです。医師から処方された薬は風邪などのように短期的に飲む薬と、高血圧のように長期的に飲む薬があります。長期的な薬の場合は、定期的に医師の診察を受けることが大切になります。

それは、年齢や体の状態によって薬の効き方に変化が起こる場合があるからです。ですから、もし薬を飲んでいて、いつもと違うように感じたら、すぐに医師に相談しましょう。短期的に飲む薬については、症状が治まってしまうと薬が余ってしまう事もあります。

そうすると、それを取って置いて、また同じ症状の時に飲もうと思う人もいます。しかし、人間の体は日々変化していますから、たとえ前と同じような感じでも、その薬が効くとは限りません。ですからそのような場合もきちんと医師の診察を受けることが大切になってきます。

Comments are closed.