薬剤師が求人情報を得る手段の数々

薬剤師の求人情報を得る方法としては、今の時代はインターネットが最も一般的です。そのほかにはフリーペーパーもありますし、新聞の求人欄もあります。

公的な機関としてはハローワークもあります。これらの中で信頼性が高いイメージがあるのはやはりハローワークです。理由は「公的」だからです。日本人の特性として「お上意識」がありますので公的な機関が信頼できるという先入観があるからです。

しかし、実はそうとは言い切れない部分があります。ニュースなどでも報道されていましたが、いわゆるブラック企業といわれる悪質な企業がハローワークで求人を行っていたことがわかりました。公的という言葉を信用しすぎるのは危険です。

信用しすぎては危険という意味で言いますと、やはりインターネットも同じことがいえます。特に掲示板は玉石混交といえます。確かに中には有用な情報もありますが、いろいろな角度から情報を捉えることが大切です。薬剤師に特化した掲示板などには現役の薬剤師などが自らの経験談を綴っていることもありますので実情を知ることができます。

こうした情報はマスコミなどで伝えられることとは違う側面を知るきっかけになります。しかし、注意が必要なのはその体験談が本当かどうかということです。このようなことから考えますと、求人情報に接するときに重要なことは情報の信頼性を自分で高める工夫をすることといえます。

Comments are closed.