薬剤師悩み転職 カテゴリ

薬剤師の求人状況と対策

火曜日, 8月 12th, 2014

薬剤師の仕事は、調剤薬局やドラッグストアなどでかなり人が足りていないような状況です。ですから、わりと求人数も多く、その気になって選ばなければすぐに働くことができるようなところもたくさんあります。

もともと、薬剤師というのは有資格しかできない仕事なので、応募できる人も限られてきます。ですから、求人に応募する人数も知れています。

しかしながら、場所によっては人気のあるところもあるため、そういったところを希望すると、採用にならないことがあります。人気の地域としては、やはり駅から近いとか交通のアクセスのよいところです。それはその地域によっても異なるのですが、通いやすいところに勤務したいのは誰もが望むところです。

さらには、ドラッグストアのような日用品をたくさん扱ったり、夜遅くまでやっているような生活が不規則になりがちな店舗よりも、専門的に調剤ができる調剤薬局の方が人気です。なるべくなら定時で帰りたいものです。家族のいる女性ならなおさらでしょう。

そう考えると、自分の勤務したいと思えるところの条件を見て、場所的にも多少は妥協できるようなところがあるのであれば、そういった薬剤師の求人に応募するとよいでしょう。

条件の良い薬剤師求人

月曜日, 8月 11th, 2014

薬剤師は特に女性には人気のある仕事です。なぜなら、理系の勉強をしてきた人には、自分の勉強してきたことを活かすことができ、患者のため、社会のために貢献できるような仕事であり、やりがいがあるからです。

さらには、給与などの待遇面もいいため、安定した生活を送ることができます。しかしながら、薬剤師になるには大学の薬学部に進学し、専門知識を身に付けて、さらには国家試験に合格し、免許を取得しなければならないのです。

そこまでくるには、本当にたくさんのことを学ばなければならないのです。大学を卒業したばかりで薬剤師として働き始めたときには、給与のよさに驚くことでしょう。しかし、キャリアを積んでもわりと昇給が少ないため、年収も上がらないものです。

たいてい、600万円台くらいで年収は止まってしまうことが多いのです。そういった中で、転職をしてさらによい条件で働きたいという人もいることでしょう。薬剤師の転職サイトに登録をすると、給与アップの求人をエージェントから紹介されることもあるので、そういったところに登録しておくといいでしょう。こうやって、条件の良い求人の情報を得て、ステップアップを図るのもひとつの方法です。

在宅服薬指導の仕事に就く薬剤師の悩み

日曜日, 8月 10th, 2014

薬剤師というと、調剤薬局やドラッグストアで、処方箋にしたがって薬を調合し、患者さんに薬を出すような仕事をイメージします。確かにこのような仕事が主なのですが、そのほかにも在宅訪問の仕事もあります。

これは自宅や施設などにいる患者さんに対して、訪問をして、服薬の指導をしたり、薬に関する相談を受けたりするような業務です。もちろんこれは、医師や看護師、ケアマネージャーなどとの連携によって勧められるものです。

医師が訪問し、処方箋を出し、それに対して薬を準備、説明をしていく流れになるのです。薬の飲み忘れや食べ物との関係、副作用、薬の粉砕などいろいろな場合での相談を受けます。ですから、コミュニケーション能力が必要になってくるのです。

このように在宅訪問の薬剤師の悩みとして、自宅に入り込む仕事であるので、プライベートに関与したくなくても、少し入らなければならない時に困ることがあったり、人とさらに密な関係になるので、人との対応がうまくいかないなどの問題が出てきたりします。

ですから、かなり割り切ることと、人への接し方を考えていかなければならないのです。このように薬剤師は薬局で患者さんを待つだけでなく、自分から訪問するような仕事もあったりするのです。

薬剤師の働き先:製薬メーカー(生産技術)の特徴について

土曜日, 8月 9th, 2014

薬剤師の働き先のひとつに、製薬メーカー(生産技術)があります。製薬メーカーの仕事と聞くと薬の研究のイメージがありますが、研究職に就けるのは大学院を卒業した一部の人たちだけです。

また、大学院を卒業してさえいれば、薬剤師ではなくとも研究職に就くことができます。では、製薬メーカーでの薬剤師の働き方には、どのようなものがあるのでしょうか。最も多い求人があるとされている職種に、「MR」と呼ばれるものがあります。

MRとは医薬情報担当者のことで、自社製品に関する品質や有効性、安全性を病院の医師などに提供するのが仕事です。MR以外には、新薬の添付文書作成、関係当局との折衝の承認申請、医薬品開発のプラン作成などの薬事業務を行う職種もあります。

市販後調査と呼ばれる、臨床試験を終えた医薬品が実際に医療の現場で使用された後の調査を行う部署や、学術担当の部署もありますが、現状ではあまり求人は多くありません。

製薬メーカーで働く薬剤師の給料は、初任給で22万円、平均年収は500万円-1000万円と、病院で働く薬剤師よりも高くなっています。一般のサラリーマンと比較して優遇されているとは言えませんが、基本的に土日と祝日は休みになるため、休日が多いというのが製薬メーカーで働く薬剤師の特徴と言えるでしょう。

職場定着率の良い薬剤師求人を見つける方法

金曜日, 8月 8th, 2014

薬剤師というのは、女性に人気の職業です。これは、肉体的な重労働を伴わず、知的で専門知識を活かした仕事であり、さらには一般的に時給や年収がよく、安定していることが影響しています。

ですから、結婚や妊娠、出産を機に退職したとしても、わりと再就職しやすいのです。しかし、この仕事に就くためには資格が必要です。今は大学の薬学部で6年間学び、国家試験に合格しなければ、薬剤師の免許は取れないのです。

つまり、有資格者しか働けないのです。免許を取り、晴れて薬剤師として働いても、離職率が高いのがこの仕事です。ですから、働き始めて数年で職場をやめる人が多いのです。人によっていろいろな事情があるでしょうが、待遇面や人間関係が原因のことが多いようです。

それでは、職場定着率が良い求人を見つめるにはどうすればいいのでしょうか。これは見極めが大切です。妙に給与などの待遇がよく、さらには求人がずっと出ていて、なかなか人が決まらずに募集したままのところは要注意です。定着率が悪いということで、雰囲気がよくない等の理由があるのでしょう。

今では、インターネットで薬剤師の専門サイトがあり、そういったところに自分の情報や希望を登録しておくと、エージェントと連絡を取ることができるでしょう。そのような時には、定着率や雰囲気等、聞いてみるといいでしょう。

ドラッグストアの薬剤師求人の特徴は?

木曜日, 8月 7th, 2014

ドラッグストアとは街中などでよく見かける薬を販売しているチェーン店のことです。たまに勘違いをしている人がいますが、薬局とは違います。実は、法律により薬のチェーン店などのドラッグストアはあくまで小売店です。

チェーン店は薬局という名称を使うことはできません。なぜなら薬局という名称は処方箋を扱えることが条件だからです。そのチェーン店が近年処方箋を扱うようになってきました。そうしたことが薬剤師の求人が増えている原因です。

チェーン店で販売している医薬品には第一類から第三類まで区別があります。そして第一類を販売できるのは薬剤師だけです。このようなことから近年はチェーン店などでも薬剤師を求人していますが、チェーン店と薬局では求人における仕事の内容が少し異なっています。

チェーン店は基本的には販売業ですのでそうしたことに伴う業務があります。あとひとつマイナス要因を挙げるなら役職が上がらないことです。普通の社員の場合は主任とか課長とか部長などといった役職がありますが、専門職である薬剤師はそうしたものがありませんので収入が上がりにくい構造になっています。

しかし、小売業は規模が大きいことが特徴ですので安定感がありますし福利厚生などもしっかりしています。そうした違いをしっかりと理解しておくことが大切です。

病院で薬剤師としての求人に応募してスキルアップ

水曜日, 8月 6th, 2014

薬剤師は薬を扱う上で必要な人材であり、この資格を取る事によって就職や転職に有利になります。病院はもちろんの事、薬局でも薬剤師を雇う事が義務付けられています。

薬剤師が在籍していない場合には第一類に属する医薬品の販売が出来ません。つまり売上が大きく落ちるということになります。その為に薬剤師の必要性は非常に高いです。実際に薬剤師として働くには見習いとして現場に入る事が条件となります。

病院では求人が多く出されており、スキルアップの為にまず現場に入る人が多いです。まず現場で経験を積まないとこの職業は何も始まらないのでとりあえず求人に応募して働くようにします。ここでスキルアップをする事が出来れば後は病院や薬局を選ぶだけです。

基本的に求人が出されているので職に困ることはありません。薬局では登録販売者という資格を持つ人もいますが、この人は第二類の医薬品までしか取り扱う事が出来ません。店の薬で一番単価が高いのは第一類の医薬品なので店の売上が大きく変わる事にもなります。

つまり経験を得た時点で薬剤師として勤務先を選べるようになります。ここで大切なのは給料だけを見て勤務先を決めないようにする事です。将来的にキャリアアップできるかどうかが大切です。

薬剤師の求人情報について

火曜日, 8月 5th, 2014

薬剤師の求人では、大手の調剤薬局やドラッグストアチェーンにおいて多くの募集がある状況が生まれています。大手の調剤薬局チェーンでは、中小の調剤薬局をM&Aをする流れが続いています。

中小の調剤薬局店ではオーナーが高齢化のために、売却に踏み切るところが多々あります。そのため、調剤薬局業界では大手の寡占化が進むことに繋がり、買収した店舗が増えていくことで新たな薬剤師を求人する必要性が出ています。

また、大手の調剤薬局チェーンでは、門前薬局以外の新たな業態の店舗の出店を増やしている状況があります。新業態としてはコンビニや家電量販店との調剤薬局併設店や、駅前および駅ナカの調剤薬局店などが存在しています。そのような新業態の店舗でも、薬剤師の求人ニーズが高まっています。

次にドラッグストアチェーンでは生活用品の販売が好調なため、新規の出店を積極化しています。新たな店舗では必ず薬剤師が必要となるため、ドラッグストアでは薬剤師の採用を増やしています。

また、ドラッグストアの店舗では調剤ができるコーナーを設けるところが増えていることも、薬剤師の求人ニーズを高める結果に繋がっています。しかし、ドラッグストアでは薬剤師の確保に苦労をしている状況があるため、年棒制を設けるなどの高条件を提示するチェーンが現れています。

労働条件の悪さが薬剤師の仕事の悩み

火曜日, 8月 5th, 2014

調剤薬局などは、病院に併設されて経営されていることが多くなります。ですのでその隣の病院で診察を受けた人が、隣の薬局に処方箋を持ってやってくるようになりますので、薬剤師はその患者たちが来れば薬を用意します。

病院に併設されているような薬局なのであれば、基本的には病院が昼休憩に入る時間帯は休憩を取ることが出来るようになります。

休憩もしっかりと取れないようであれば、いい労働条件ではないと言えるでしょう。仕事で休憩も取れないとなると、悩みとして考えこんでしまいます。薬剤師として働く方法は正社員として働くこともできますし、パートとしても働くことが出来るようになっています。

休憩がないのが悩みの種になってしまっているのであれば、労働条件のいいところを探して働くようにした方がいいでしょう。薬剤師としていい労働条件の中で働いていると、仕事が毎日楽しくなってくるようになるはずです。

薬剤師の求人を探して経営が危ない病院から脱出する

火曜日, 8月 5th, 2014

医療専門職である薬剤師の仕事は、患者の病気や怪我を治療するために、最善の薬を間違いなく処方して患者へ提供することです。また、医薬品のスペシャリストとして、薬の効能や副作用の危険性などさまざまな説明を患者に行っているのです。

薬剤師は、専門的な知識やスキルを身に付けて国家資格を取得していますので、どこの医療機関や製薬会社でも働くことが可能ですし、多くの求人があります。そのため、選択肢は非常に多く、幅広いといえます。

経験豊富なスキルの高い薬剤師を即戦力として採用さるために、求人を出している病院やクリニックも多く見られるようになりました。その他にも、製薬会社やドラッグストアなどでも求人数は増加傾向にあるのです。

現在の職場の待遇面や忙しさに悩んでいる薬剤師にとっては、このような多くの求人内容をじっくりと吟味して比較検討することが重要なのです。自分が納得できる職場を選択して転職することができれば、年収アップが期待できますし、さらなるスキルアップも望めます。

安心して長く働き続けることのできる職場で働くことが最も大切な重視すべきことなのです。
経営の危ない病院から、待遇面もしっかりとした職場へ転職することは、身体的にも精神的にも快適に働くことができますので、大きなメリットといえます。