薬剤師の働き先と特徴

薬剤師の働き先:公務員の特徴について

薬剤師の働き方薬剤師の求人には様々なものがありますが、その中のひとつに公務員があります。公務員としての求人で、主なものとしては、麻薬取締官です。麻薬Gメンと呼ばれる職務であり、厚生労働省の職員となります。

薬剤師でなくてもなることが出来る職業ですが、薬剤師の資格を持っている人がとても多い職業でもあります。麻薬取締官は、麻薬及び向精神薬取締法によって、特別司法警察職員としての資格を持っています。しかし、給料は公安職ではなく行政職として支給されています。特別手当がつきます。

とても危険な任務であるため、拳銃の携帯を認められている職務です。もちろん、司法警察員としての任務をはたす時のみに限られていますが、それでも危険な任務であることにはかわりなく、警察官と同じように逮捕術の訓練も受けています。

所属は、厚生労働省の地方支分部局である地方厚生局にある麻薬取締部所属となっています。捜査を行う時は、警察や海上保安庁、税関、入国管理局などと協力をして行うようになっています。

このように公務員として働く薬剤師の職務は、麻薬取締官が主なものとなりますが、大変ハードで危険な任務となります。しかし、重要な仕事なのでやりがいもあると言えるでしょう。

麻薬取締官ような薬剤師の求人は、薬剤師求人東京転職サービスを利用すれば探すことができます。数多くある薬剤師の職種や職務を確認することができます。また、薬剤師の働き先の雰囲気や現場の様子、職場環境についても把握することができます。

薬剤師の働き先:食品メーカーの特徴について

薬のスペシャリストである薬剤師は、就職や転職に有利な職種です。
以前は、薬剤師というと病院や調剤薬局が職場というイメージでしたが、最近では大型のドラッグストアや製薬会社、化粧品メーカーや食品メーカーの求人も増えています。

化粧品メーカーや食品メーカーの薬剤師の求人数は、非常に少なく更に人気が高く競争率が高い職場です。
メーカーの求人は、非公開求人が多い為、メーカーへの就職を希望する人は専門のエージェントに登録しておいた方が多くの情報を得る事が出来ます。

化粧品メーカーの製品は、薬事法に関わる事が多いので薬事の専門家である薬剤師の活躍する場は大きいです。
食品メーカーで働く薬剤師の仕事は、食物の安全性や食品線化物の成分の分析、研究調査などになります。
食品は、人の健康にダイレクトに関わる商品ですから安全性の追求はやりがいのある仕事です。
更に美味しさを化学的観点から研究するのも仕事の一つです。

最近は、特に健康志向の高まりがあり食の安全が注目されており薬剤師のメディカル分野における専門的知識の重要性は高まっています。食品工場における品質管理や、食品の企画開発など薬剤師としての知識を活用する場は、多く存在しています。
薬の専門的知識を持っているだけに、求人先は増えています。

薬剤師の働き先:化粧品メーカーの特徴について

薬剤師としての働き先は様々なものがありますが、その中のひとつに化粧品メーカーがあります。化粧品メーカーも薬剤師の求人を行っているのです。では、求人を行う化粧品メーカーでの仕事には、どのような特徴があるのでしょうか。

まず、薬剤師が研究職であることはもちろんですが、しかし、一方で化粧品のメーカーの場合、消費者との距離がとても近くなってきます。店頭で商品について説明する機会もありますし、様々な場面で消費者と接することも多いのです。そのため、コミュニケーション能力が必要とされます。店頭で説明をするだけでなく、消費者に対して、自社の化粧品についてどの点が優れているのか、しっかりアピールできることも大切です。

また、化粧品自体が好きであることを求められます。化粧品が好きであれば、色々と情報も集めることが多いですし、研究を熱心に進めいく可能性が高いためです。化粧品は常に社会が求めているものの最先端を取り入れ、開発していく必要があります。そのため、アンテナをはりめぐらし、情報を集めることが薬剤師にも求められているのです。

化粧品のメーカーで働く薬剤師の給料は比較的、良い方です。もちろん、メーカーによって大きく異なってきますので、求人情報をしっかりと見比べるようにしましょう。